ローストビーフ 肉 部位

一番美味しいローストビーフの部位。おススメはこの2つです!

 

 

 

 

牛肉の部位

 

 

ローストビーフを美味しく作るのに、一番最適な牛肉の部位はどこなのでしょうか?

 

 

お総菜コーナーやお肉屋さんなどで、様々なローストビーフが販売されていますが、実際に購入して食べてみると、風味など差がある事に気付きます。

 

 

 

大量に販売されているローストビーフの部位は、お肉屋さんなどのメーカーの都合で作られたローストビーフかもしれません。。。。。

 

 

 

そこで

 

 

 

絶品ローストビーフを作るなら、牛肉のどこの部位が一番美味しいのか?検証してみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ローストビーフの部位は、牛もも肉なのか?

 

 

料理の専門書籍などを調べてみると、とにかく『牛もも肉』を使うように書かれているレシピが非常に多かったです。

 

 

 

しかし、ローストビーフの定義からしても、

 

絶対にもも肉を使わないといけないといった決まり事はありません。

 

 

 

 

『牛もも肉を使うことが本当のローストビーフだ!』と勘違いしてしまいそうになりますが、それはあくまで好みの問題です。

 

 

 

 

 

基本的には、赤身の中でも柔らかく、値段も手ごろな部位ということでしょう。

 

 

 

 

 

 

しかし、自分の趣向に合った牛肉の部位が必ず『もも肉』だとは限りません。

 

 

もしかすると、もも肉で作られたローストビーフしか食べたことがなければ、イマイチ好きではないといった方もおられるのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

絶品のローストビーフの美味しさを味わえる、2つの部位のご紹介

 

 

 

ローストビーフをもも肉で作るレシピはさんざん見てきました。

 

 

では、もも肉以外でおススメできる部位はどこなのかご紹介します。

 

 

 

 

 

 

国産牛ロース肉

 

ロース肉でローストビーフを作る

 

やはりなんといっても、国産ロース肉のローストビーフが、一番美味しいと思います。実際に、友人や家族、色々な人に食べてもらいましたが、このロース肉が断トツの一位です。

 

 

その理由は、柔らかさの中にタップリと詰まっているバツグンのうま味や、品の良い香ばしい香りが素晴らしいところが最大の良いポイントです。

 

 

 

ロース肉は、元々の構造上、直方体のブロックの形にまとまっているので、とてもカットなどの下準備がしやすく、手間がかからないところも高評価です。

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒレ肉

 

和牛ヒレ肉でローストビーフを作る

 

ステーキでは、人気でダントツ一位のヒレ肉ですが、ローストビーフに関しては、2位となりました。

 

 

理由は、最高級の柔らかさ、キングオブ和牛肉といっても過言ではないうま味、極上の香りなど、何も申し分ないヒレ肉なのですが
ヒレ肉でローストビーフを作るとなると、上の画像のように、アーモンドのような形をしています。

 

 

形がいびつということは、歩留まりも悪く、調理するにも均一に火を入れるとなると、かなり難易度が高くなります。
筋も多いので、ヘレの中でも一番調理しやすいど真ん中の部分をブロックで購入したほうが無難だと思います。

 

 

ヒレ肉は赤身肉です。普通、赤身肉といえば、筋肉になる部分ですが、ヒレだけはとても柔らかい部位です。
ですので、奇跡の部位だと言われています。

 

 

 

 

 

 

 

 

国産牛や和牛のモモ肉もお勧めです

 

 

牛モモ肉でも、国産牛や和牛クラスになると、とても美味しいですし風味もよくなります。

 

塩だけでも、お肉の美味しさが十分に伝わるレベルの品質ですね。

 

 

 

このクラスになると、モモ肉と言っても、霜降りがしっかりとあります。

 

 

 

 

お総菜コーナーで販売されている牛モモ肉のロ−ストビーフは、大体外国産の赤身が多いと思いますがとてもヘルシーです。

 

しかし、ヘルシーだからといってソースを多めにかけて食べるのなら、カロリー的にはあまり変わらなくなってしまうかもしれません。

 

 

 

国産牛以上のレベルになると、お肉そのものも美味しいので、ソースも沢山付けたくなくなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おススメできない!ローストビーフにしても、美味しくない部位は?

 

 

お肉の部位はたくさんあるけれど、根本的にローストビーフを作るのに向いていない部位もあります。

 

例えば、お肉の質や味はバツグンに美味しいのに、中央に大きなスジが一本通っている『ミスジ』みたいな部位もあります。

 

 

 

 

ミスジの場合、中央にあるスジを取ろうとすると、お肉のブロックの形が保てません。ということは、ローストビーフには不向きです。

 

 

仮に、中央のスジを取らないで調理してしまうと、カットする時にスジが邪魔になって切りにくいですし、食べた時にどうしても口の中でスジが残ってしまい、モゴモゴしてしまいます。

 

 

 

 

 

 

あと、風味や味はしっかりあるけれど、煮込まないと固すぎて食べれない部位があります。

 

それらは、腕肉やクラシタ、すね肉ような部位のことです。

 

 

 

 

基本、ローストビーフ用のお肉を選ぶ時の目安は、ステーキや焼肉で美味しく食べれる部位で、ある程度の厚みがとれるものを使うことをおススメします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

牛タンでローストビーフ作りに挑戦したことがありますが、牛タンは食感がしっかりとしているので、火を入れた後、スライスする時にかなり薄めに切って作りました。

 

でも、とてもおいしかったです。

 

牛タンは、外国産の物より、値段は張りますが、国産のもののほうが柔らかいので、入手が可能でしたら、国産の牛タンをお勧めします。

 

 

 

牛タンのことを詳しく書いているページへは、こちらからどうぞ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プロが考える、たわら屋総支配人、ローストビーフにおススメの部位

 

 

今回、おススメのローストビーフのお店としてご紹介している、たわら屋さんの総支配人がおススメする部位の情報が手に入りましたので、ご紹介しておきます。

 

 

 

 

 

 

 

プロ中のプロが、一体どの部位をお勧めしているのか、是非ご覧ください。

 

 

 

たわら屋総支配人

 

 

 

 

モモ、サーロイン、リブロース等数多くある部位の中で、ローストビーフに適した部位はまず、トンビという部位です。

 

 

トンビは、肩から腕にかけての部分ですが、肉質はももに近いです。やや甘みがあり上品な味わいで、さっぱりしていてローストビーフに最適です。
一頭あたりから2kgほどしか取ることができないため、非常に希少な部位とされています。ビフカツやたたきにも最適です。

 

 

 

次に、リブロースです。リブロースは、ロースの一番分厚い部分でありながら、非常にきめ細かく肉質はとても柔らかく美味しいです。
すきやきやしゃぶしゃぶ、ステーキ等にも最適です。

 

 

 

 

続いて、ヒレです。
ヒレは、サーロインという部位の内側にある部分で、全部位の中でももっとも柔らかい部位とされています。
また、筋や脂肪も限りなく少ないため、ローストビーフには最適です。一頭あたりわずかしか取れない部分なので、希少でもあります。その他にも、カツレツやステーキにしても美味しいです。

 

 

 

 

次に、内モモです。内モモの肉は、脂肪が少なくて赤みなのでローストビーフにぴったりです。
肉質も均一なことが特徴で、ステーキや煮込み料理にも適しています。

 

 

 

そして、「モモ」の部位にあたるしんたまも柔らかく脂肪が少ない部位なのでローストビーフにぴったりです。
他にもシチューやスープにしても美味しいです。

 

 

 

 

最後に、モモ肉の最も柔らかい部分にあたるランプです。
ランプは特有の旨み、柔らかさがあり大抵のお肉料理に仕上げることができます。中でもローストビーフやたたきに最適です。

 

牛肉の部位

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近の牛肉事情。輸入牛の品質も徐々に進化してきています。

 

美味しい牛肉

 

 

『牛肉を購入するならオーストラリア産が良くなくて、アメリカ産が良い』とかの意見なのですが

 

アメリカ産の牛肉でもハズレがあって、、臭みがあるものを食べたりした時もあります。

 

 

 

逆に、和牛とまではさすがに行きませんが、高品質で美味しさに納得したアメリカ産の牛肉もあります。

 

 

 

 

 

 

オーストラリア産の牛肉も同じことが言えます。

 

これは、海外の牧場にいる牛が食べている飼料が草だけなのか、それとも穀物を食べているのかなどのランクがあります。

 

あと、飼料の品質レベルや育て方や育てている環境で大幅に差が出てきます。

 

ですので、同じ国からの輸入牛でも色々な種類やランクがあります。

 

 

 

 

 

ちなみに、草だけのエサを与えられて育った牛(グラス)は、脂身が少なく、赤みが目立って、お肉もやせ細っているものもありますが、柔らかさがあるものもあります。

 

ですので、ダメだとは言い切れない部分もありますので、自分の目で厳選することが大切です。

 

 

 

輸入牛の質は、現在ではすごくレベルの高いものもあるのが事実です。でも、日本の和牛を超える品質のものはまだ見たことも食べたこともまだありません

 

 

 

 

 

 

 

ローストビーフを食べる時の温度も大切です。

 

牛肉の部位

 

 

 

和牛のローストビーフを食べる時は、完成してから冷蔵庫の温度まで一度クールダウンし、うまみが流れ出ないようにします。(真空冷凍の場合は冷蔵解凍でじっくりと時間をかけることがおススメです。)

 

お肉がしっかりとしてきた状態でカットします。それから、お皿に盛り付け、実際に口に入るときの温度は最低室温にしておくと、抜群に美味しいし、威力を発揮してくれます。

 

 

 

 

冷蔵庫から出してすぐのものを食べたら、さすがにむつこく感じても仕方がありません。

 

例えば、アツアツで美味しそうなラーメンのスープを冷蔵庫に冷やしきってから、飲もうとすると、脂が固まっていて飲む気がしないといっているようなもので、ローストビーフを食べる時の適温というものもあるわけです。

 

 

ですので、美味しく食べる温度も研究してみると、とても面白いです。

 

 

 

バイキング|ローストビーフ

 

 

 

 

 

page top