牛ヒレ肉は、奇跡の部位です!

奇跡の牛肉、ヒレ肉の特徴とは!?

牛ヒレ肉

和牛のヒレ肉となれば、対面式の鉄板ステーキをイメージされる方も多いと思います。
お肉がじっくりと焼きあがるのを楽しみながら前菜をいただいて美味しいお酒を飲み、会話も弾んできたところでヘレ肉が登場!!

 

そんな雰囲気にピッタリな最高級の和牛ヒレ肉、たまりません。

 

 

 

鉄板焼き牛ヒレ肉

 

牛ヒレ肉といえば、ほかの部位に比べて柔らかく、高価ですが、低カロリーで旨い!という素晴らしいバランスが特徴です。

 

その理由は、ヒレ肉は赤身肉になるので、サシ(霜降り)も少な目で低カロリーだということと、牛の構造上、ヒレ肉の部分はほとんど動かさない(運動しない)からやわらかいといったところからきています。

 

 

 

ヒレ肉は、高たんぱく質で、しかも鉄分や亜鉛、ナイアシン、パントテン酸、ビタミンB6、B12などが含まれています。

 

 

 

ヒレ肉は、牛のどこにあるの?

高級牛肉 通販

牛ヒレ肉は一頭に2本あります。

 

腰の中の方の、脊髄の下部に沿っているサーロインの内臓側に存在しています。

 

ここがヒレの特徴で、普通、動物は運動する赤身の部分を食べると固いのですが、運動する部分ではないので、肉の繊維が非常に繊細できめ細かいということです。

 

言葉にすると普通のことなのですが、実は、ヒレのこの特徴というのは、珍しく、奇跡に近いです!

 

そのように、牛にとって使わない部位なので、普通は退化して小さくなったりしていってもおかしくはありません。

 

 

ですが、現在その部位を味わうことができるので、そういう意味も込めて、感謝しながら味わっています。

 

 

きめが細かく、口の中で溶けるような食感であるヒレは、牛の部位の中では一番やわらかくて、なめらかな舌触りで最も美味であり、最高級部位とまで言われています。

 

 

テンダーロインとは?

 

牛ヒレ肉はテンダーロインとも呼ばれています。
サーロインと同じようにロイン系です。

 

『テンダー』とは『柔らかい』という意味です。

 

ロインとは、牛の背中から腰にかけての部分のことです。
リブロース・サーロイン・ヒレから構成されます。

 

 

 

 

おススメ!ヒレ肉の、ベストな食べ方

牛ヒレ肉

ヒレ肉を焼くときには、火加減に気をつけたいところです。
なぜなら、強火で火を入れてしまったら、せっかくの高品質の美味しさが台無しになってしまいます。

 

 

出来れば、旨みがドリップしないくらいの弱火でじっくりと火を入れていって、レアかミディアムレアくらいで食べるのがベストだと思います。

 

 

高級和牛のヒレ肉を自宅で食べるときなのですが、よくテレビや、専門店では、お塩だけで食べてみて、高級部位本来の風味を感じさせようとしてきますが、家で食べる時には、逆に日頃からいつも使っているタレで召し上がってほしいと思います。 
この方法が、いつもとは違うお肉の品質の差を感じることができると思います。
そして、実際に差を感じると、やはり高級なだけある美味しさや風味も楽しめると思います。

 

 

 

TOPページへ