ミスジ(牛肉)は、奥が深い美味しさです。

牛ミスジ肉は、奥が深い美味しさがあります。

ミスジの部位

ミスジは、肩のところの1部分になります。 肩甲骨の裏側にあります。
ミスジを購入する場合は、少し品質が良いもののほうが断然美味しくて、扱いやすいです。

 

ミスジならではの特徴として、中心に結構しっかりした筋が一本入っています。 
この筋と、ミスジの周りに薄い筋があります。 

 

和牛 通販

 

この独特な楕円形の形と、真ん中の筋を見て、『まるで木の葉のよう。』という表現をされるときがあります。
たしかに、その真ん中の筋から、霜降りが広がっているように見えるので、本当に木の葉によく似ています。

 

サシ(霜降り)がしっかりと入っているので、さぞかし脂っこいだろうと思ってしまいがちですが、どちらかというと、逆にあっさりした中にもコクがある美味しさが広がります。
赤身が少ないように見えますが、しっかりとミスジの赤身ならではの美味しさを感じることが出来ます。

 

 

ミスジは、筋がネックだけど。。。

ミスジを料理していて、いちばん難しいことは、お肉の形をなるべくきれいに保ちながら、筋をキレイにとることです。 
ここで筋をキッチリととっておかないと、食べた時に、口に引っかかって食感が悪くなってしまいます。

 

 

でも、この筋をストックしておいて、トロトロになるまで煮込み料理を作ると、本当にハマりますよ!
カレーなどに入れると、とっても美味しいです。

 

ミスジの筋以外の赤み部分の肉質は、本当に繊細な美味しさでやわらかいですし、さっと焼いて食べても最高です。 

 

ロースやヘレを買うことを思うと、ミスジはまだまだリーズナブルなほうなので、一度、高級ミスジにもチャレンジしてみてはいかがでしょうか?
牛一頭から5キロほどしかとれない希少部位でもあるので、ミスジの美味しさも是非、味わってみてください。

 

和牛クラスのミスジになってくると、値は張りますが、筋も和牛ならではの味がしっかり入っているので、
ミスジのスジカレーを作ってみても深みやうま味が絶品です。

 

 

高級牛肉で作る、ミスジ・ハンバーグ!?

ミスジハンバーグ

もったいない話かもしれませんが、以前に、国産牛クラスのミスジを焼き肉で食べる以外に、思い切ってハンバーグにしたことがあります。

 

普通は焼肉で食べることが当たり前ですが、ハンバーグにしたところ、ビックリしたことは、ミスジならではのしっとり感や、コクと風味を感じれたことでした。
ハンバーグ自体もそんなにベチャベチャしなかったのが不思議なくらいで、美味しいハンバーグでした。

 

もし ミスジをカタマリで購入した場合、お肉をカットしていて整形したときに、端っこが余ったりすると、それを集めて、ハンバーグにもできたりしますので、肉の部位が変わっただけで、どんなにハンバーグの味が変わるのか?という美味しい実験をしてみることもおススメです。

 

 

 

ミスジハンバーグ

 

 

 

 

 

TOPページへ