国産牛と和牛の違い〜ウンチク編〜

和牛 国産牛 通販

スーパーのお肉コーナーに行くと、国産牛や和牛が並べてあります。しかし値段の差はわかっても、実際にどう違うのか、なんだかもやもやしてしまいます。

 

ですので、和牛と国産牛の違いを簡潔にまとめてみました。

 

いままでナゾに思われていた方は、ここではっきりさせましょう!

 

 

現在の日本で主に販売されている牛肉は、和牛・国産牛・輸入牛の3つあります。

 

輸入牛はその名の通り、国外で飼育された牛を国外で食肉用に加工されてから、輸入で日本に入ってきた牛肉のことです。

 

 

 

和牛=国産牛ではない

 

和牛と国産牛という表示は、本当に良く見かけますので単純にランクのちがいなのかなぁ。と思いがちですが

 

和牛=品種を表している。
和牛は、日本の在来種をもとに、交配を繰り返して改良された牛の品種名

 

国産牛=産地を表している。
国産牛は、日本国内で飼育された牛のことを表している。

 

ということですので、表している意味自体が、根本から違うわけです。

 

 

この違いを詳しく見てみますと。。。。。

 

 

 

和牛

 

和牛は日本の在来種をもとに、交配を繰り返して改良された牛の品種名のことで、原産地とはまったく関係ないわけです。

 

その品種名は、次の4品種を表しています。

 

 

和牛と呼べる4品種

 

黒毛和種(くろげわしゅ) 主な産地…日本全国

 

褐毛和種(あかげわしゅ) 主な産地…主に熊本県、高知県

 

日本短角種(にほんたんかくしゅ) 主な産地…主に岩手県、北海道

 

無角和種(むかくわしゅ) 主な産地…山口県

 

まとめますと 、和牛と呼べるのはこの4種と、この4種間の交雑種だけで、日本国内で出生し生育されたものに限られます。
ほかの品種で和牛を使うことは禁止されています。
ちなみに、日本の和牛のうち、黒毛和種が約90%を占めています。

 

 

 

国産牛

 

国産牛とは、日本国内で飼育された牛のことで、品種や、どこで生まれたのか?などのことは、一切関係ありません。

 

 

ですので、どこで生まれた牛でどんな品種の牛でも、
日本で飼育された期間が一番長く、日本国内で食肉用として加工した牛(精肉したもの)は国産牛と 表示されています。

 

ちなみに乳牛種のホルスタインは、日本の牛のイメージが強いようにありますが、実はオランダの外来種なんです。
ホルスタインの雄は、乳製品を生産できないので、ほとんどが食肉牛として飼育に回されています。
しかし、ホルスタインの雄の場合、日本で生まれ育っていますが、和牛ではないです。

 

 

国内で精肉・加工品で使われている牛は、50パーセント以上がホルスタインです。ですので、国産牛とは、主にホルスタイン種のことを指しているといえます。

 

 

 

 

和牛と産国牛のまとめ

和牛 通販

このように、国産牛と和牛にはハッキリとした違いがしっかりとあり、明確に区別されているわけです。

 

はじめにお話しした通り、「国産牛」と表示があっても、必ずしも国産の牛とは限りらないわけです。

 

 

純粋に、国産の牛を食べたい時には、『和牛』と表示されているものを購入すれば、まずは間違いはないと思います。

 

 

 

和牛は手のかかる、こまめな飼育方法が絶対に必要です。そのために、一般の牛と比べて立派な食用牛になるまでに時間がかかってしまいます。(飼育期間が長いということは、飼料や人件費などのコストも増えます)
ですので、大量生産も難しく値段も高価になってしまいますが、国産牛と和牛を食べ比べればその差はびっくりするほど違います。

 

 

さすが、和牛は世界の美食家に認められていることも納得できます。

 

 

 

国産ロース肉