バーベキューで究極に美味しい焼き肉を食べる方法

バーベキューで究極に美味しい焼き肉を食べる方法

バーベキュー

大自然の素晴らしさを満喫できるアウトドアは、空気もおいしいし気分も開放的になって、日頃のストレスも吹き飛んでしまいます。

 

そんな最高な気分で味わえる、アウトドアでのバーベキューが長年にわたって、人気がまったく衰えないことも理解できます。

 

せっかくのアウトドアなので、自宅ではなかなかできない事をしたくなります。

 

気の合う仲間でワイワイと楽しみながら料理を作ったり、色んな話をしたり。。。。
アウトドアならではの楽しみ方があります。

ローストビーフ 通販

 

ここがおもしろいところなのですが、アウトドアの食事にちょっとこだわりを持てば、いつもと一味違う、上質で美味しいバーベキューも楽しむことが出来ます。

 

 

 

日頃、自宅ではなかなかできない調理方法

 

アウトドアならではの調理法といえば、炭火を使った調理法です。

 

実は、炭火で高級牛肉を焼くと、半端なく美味しい料理に仕上がるんです。普段、なかなか作れない最高の時間に、最高の贅沢です。

 

ローストビーフ 通販

 

本物の炭を使っている焼肉屋さんに行かれたことがある人は気づかれている人もおられると思うのですが、ガスや電気の焼き肉台と違って、独特な香ばしさや風味を感じます。
あれは、炭から出している『遠赤外線』という輻射熱が良い仕事をしているからです。

 

アウトドアで炭火を使って煙と戦いながら、焼き肉をされた方も多いと思います。
(バーベキューの煙は、どうして自分のほうに来るのでしょう??)

 

でも、いつもより美味しく感じたことってないですか?

 

もちろん自然などの力のおかげで美味しく感じることもあると思いますが、これも、遠赤外線の力も大きくかかわっています。

 

ですので炭火の場合は、炎で火を通すのではなく、遠赤外線という輻射熱で火を通すということになります。

 

この炭の輻射熱は、炎が出ないので黒こげになりにくいです。
仮に『焦げてしまったかな?』と感じても、風味が損なわれたり苦味を感じたりすることは、殆どありません。

 

しかし、ガスで焼いた場合は、火を強くすると表面だけが焦げてしまって中身は生の状態になってしまったり、
逆に弱火にすると、せっかくのうま味や水分が出てしまってかたくなってしまったりします。

 

 

 

 

和牛 通販

この遠赤外線が、究極に美味しいローストビーフの秘訣なんです。

 

この香ばしさと、炭ならではの輻射熱伝導を利用して、たわら屋さんややまとさんの高級牛肉で焼肉を作れば、とてつもなく別格の美味しさとなり、その日のメイン料理として、思い出に強く残るバーベキューになると思います。

 

炭火の熱を利用して料理するメリットは、食材に対してのガスや電磁調理器の熱の伝え方とは全く違うものなので、長時間穏やかに保たれる熱量や、豊富に出る遠赤外線が食材を美味しくしてくれるところです。

 

もし、今まで炭を一度も使用したことがなく、今度のバーベキューで挑戦しようと思っている方へ、少しでも役に立てばと思って少しご紹介します。

 

 

バーベキュー用の炭3つの特徴

 

僕は以前、炭で食材に火を入れる研究を勝手に独自で行ったことがあります。

 

その研究の目的は、炭の種類は沢山あるけれど高級牛肉を炭で焼く場合、どの炭が一番ベストなのだろうか?ということです。

 

 

ある程度の目安は、知り合いに直接聞いたり、事前にネットで調べたり、炭火焼肉レストランで使用されている炭を見てみたりしました。

 

 

炭はネットで全国の様々な炭を入手し、様々な火の入れ方を試してみました。ホント、通販で何でも手に入りますよね。

 

 

まずは、マングローブ炭です。

 

シーズンになると、ホームセンターのアウトドアコーナーなどで、ダンボール箱に入っているお手頃価格の炭です。

 

高級牛肉 通販

 

見た目は、このように均等な形になっていないことが特徴の炭です。厚めの板を乱雑に切って炭にしたような形が特徴です。

 

値段は安くて、ついつい買ってしまいそうになりますが、実際はデメリットが多いように感じます。

 

 

メリット
@価格が安い
A手に入れやすい(ほとんどのホームセンターに置いてある。)
B火が付きやすい

 

デメリット
@使用中、かなりの確率で『パチッ!』とハジけて、火の粉も結構出ます。
A燃焼時間の短い(結局は、炭が大量に要ることになりがち)
B燃焼が安定するまで、ケムリが多いのと、独特なニオイが出て、目にしみやすい。

 

 

 

 

 

オガ炭(成型炭)

松阪牛 通販

 

このように、炭の中心部分が空洞になっているものです。

 

この炭は、木材を製材する時に出てくるオガ屑を、圧縮加熱成型する事で出来る「オガライト」を原料とした木炭のことです。

 

 

メリット
@中が空洞で、燃焼率も凄く良い。
A火力が安定しやすい。
B途中で火が消えることも少ない
C煙もそんなに出ない。
D燃焼時間もまあまあ良い
E燃焼中に『パチッ!』とはじけることは少ない

 

 

デメリット
@マングローブ炭より値段が高い
A圧縮成形されている分、重量もある。(箱単位での話です。)
B完全に着火するまで、少し時間がかかる
C売っていないホームセンターもある

 

 

備長炭(紀州)

高級牛肉 お取り寄せ

本場の紀州備長炭です。高級料理屋さんなどで、プロの料理人から長年愛され続けています。
ちょっと料理に詳しい人ならば、『紀州備長炭』という言葉を一度は聞いたことがあると思います。

 

ではなぜ、その名を天下にとどろかせたのか、僕はその理由を実際に検証してみたくなったのです。

 

画像のように、炭の中身はぎっしり詰まっています。
備長炭同士を、たいこのバチみたいにたたいてみると、『キン!』と透き通ったような音がします。

 

 

 

メリット
@長時間、持ってくれる
A火力が安定しやすい
B火力が安定すれば、煙はほとんど出ない
C火加減をコントロールしやすい
D炭の中でも繊細さを感じるので、料理に一番向いている炭だと分かる。
E燃焼中に『パチッ!』とはじけることは少ない

 

デメリット
@値段が高い
A火力の安定期に入るまで時間がかかる
B燃焼中、酸素不足になると、消えやすい
C近所で手に入りにくい。ネットショップからの購入がおすすめ。

 

 

 

まとめ

ローストビーフ 通販

バーベキューの質を上げてみることが目的で、いつもガスコンロを使用されているのでしたら、一度炭火で料理されてみることをおススメします。
手間や、汚れを一番にお考えでしたら、便利なアウトドアグッズが沢山あるので、そちらが良いと思います。

 

3つの炭をおススメしましたが、料理の究極の美味しさ重視の場合は、やはり、紀州備長炭をおススメします。
実際に使用してみた結果、料理に向いている(食材に熱を加えるための最適な炭)と感じました。
食材に、大事に優しくタッチしてくれているイメージがしたからです。

 

 

2番目におススメの炭は、オガ炭です。紀州備長炭より持ちは悪いですが、扱いやすく、燃焼効率も良いです。

 

 

炭の遠赤外線効果(輻射熱効果)は、決してお肉だけでなく、野菜にも発揮してくれるので、グレードアップしたお料理を一度楽しんでみてください。

 

 

もう一つ、結構盛り上がる面白い焼き方なのですが、最高級の牛肉と、スーパーでお得に売っている牛肉を、炭火で食べ比べても面白いです。
何かゲームをはさむと、結構な確率で盛り上がります。

 

 

僕は、焼きおにぎりやにんにくのホイル焼き、魚介のホイル焼きなどのアルコールのアテも、こそっとちゃっかりと、作ります((笑))